★運営サイト(web制作・デザイン・研究)

憧れの上司.゚+.(・∀・)゚+.

もう、かれこれ20年以上昔の話。
勤めていたころ、憧れていた上司がいました

仕事も出来て、ユーモアがあって、
みんなからも慕われており、
当時、彼氏にふられたときは、恋愛相談なんかもちょこっとしてたようなしてないような・・・?(忘れた;)

あれから、25年。

その上司が、とある催しものの統括責任者で
娘がその行事のお手伝いをすることになりました!

びっくりです!

72歳とはいえ、当時とかわらず、ユーモアがあり
やっぱり素敵な上司でした。

年齢を重ねることに比例して、かもしだされてくる内面、生き方。
それらが雰囲気(オーラ)となって、外見にでてくるんですよね。

歳を重ねても、あんなふうに若々しくいられたら.゚+.(・∀・)゚+.

バナナの皮踏んで、すべってころべばいいのに

雨がすごすぎて
市内の小中高、大学まで休校となり
雨音を聞きながら、テレビの大雨情報を見ながら、窓の外を眺めながら
在宅で仕事してます。

こんなに数日も続く大雨は初めてです。
夜中の2時40分に警報と避難勧告のアナウンスが流れました。
同時に家族みんなのスマホもガラケーも鳴りはじめ、、
・・・・にもかかわらず、パートナーも娘も、気づかずに眠っておりました
私はちょっとした音でも目が覚めるといいますか、繊細といいますか。。。w

ところで、週末の新聞に掲載される本のベストセラー一覧を見て。

いつも東京と鹿児島のベストセラー一覧が掲載されると、
毎回比べて、じ==っと見ているのですが
今回思いました。

鹿児島の人は疲れてる?

心に関するもの、心の処方箋になりそうなもの、自己啓発的なもの
↓が多くないでしょうか?東京に比べて。
sinbun_2019070315504462b.jpg

みなさん、癒されたいんですよね、きっと。
きっと。ね。

そんな私は「ころべばいいのに」を買っちゃってたりして\(//∇//)\

絵本ですが、大人向けです。
ストレスだらけのパートナーにも読んでもらいましたが、「いいね、これ」と好感触でした。


行きつけの店のマスター(見た目35歳/実年齢56歳)のBさんが
昔から、嫌な人に対してよく言っていたのが
「あいつ、ころべばいいのに。」
とか
「バナナの皮踏んで、すべってころべばいいのに。」

w

なので、本のタイトルを見て、思わず購入。

内容はある程度予想してましたが、
嫌な気持ちだらけの自分に対して、どのように考えたらよいかなど面白く書いてあり
とても参考になりました。

一度手に取って読んでみてください。
癒されたい方は

徳光スイカとか、月夜とか、理事会とか。

先週、指宿の10年前のクライアントさまから徳光スイカを頂きました

tokkousuika.jpg

といっても聖夏オフィス(ホームページ制作)のクライアントさまではなく
音楽制作(リズムポポロン)をしていた頃のクライアントさまです。

10年前に制作したクライアントさま作曲の音頭などが
時を経て、今、地元のプロの歌手に歌ってもらい、世に出ようとしてるのだとか!

何がどこでどうなるかなんてわかりませんね~

ゴッホの名言で、「評価というものはいつ訪れるのかわからない」というのがありますが
正にそのとおりですね。

私は編曲をしたのですが、再度お礼、とかで
徳光スイカをいただきました
あまりにも大きすぎて、冷蔵庫に入りきれなかったので、おすそ分けをして、
周囲の方々にも喜んでいただけました。

最っ高に甘くておいしかったです。
残念なことには、徳光スイカを引き継ぐ人がいなくなってきているとかで、、どなたか。。どなたさまか・・・

その次の週は、小田理事、初出勤でした。( ̄^ ̄)ゞ
rizirizi.jpg

私が、理、理事?って少々笑えますが。。。


その夜は、クーラーもいらない、月の綺麗な夜でしたので
寝床から月が見えるようにして、眺めながら寝ました。
tuki_20190703153442c76.jpg

なんでしょうね~
なんだか無性に癒されたい自分がいるのですよ(。-_-。)

人は我慢できる状況では、動かない。。。

歯が、欠けました。。。

半年前から、噛むと少々痛みを感じていたのですが
虫歯ではなく
レントゲンを撮っても異常がないということで
「この小さなヒビが原因かもしれないが、、違うかもしれない。
治療を希望するのであれば、するけれど
健康な歯を無駄に削ってまで、治療するべきかどうか、、あとは○○さんの判断におまかせします。」

と言われ、、

悶々と悩み、(ま、いっか)と治療しないことを決断した今日。この日に。

治療に行けとばかりに、歯が欠けました。

我慢できた痛みが
・・・沁みるようになり
我慢できなくなりました(。pω-。)

・・・で思いました。

人は我慢できない状況にならないと、決断できないのだ、と。

来週も歯医者です。
治療に入って、気持ち、スッキリしました



楽天を名乗ったフィッシングサイト

楽天、アマゾンなどなど、大手を名乗ったフィッシングメールがよく届きます。

ちなみに私は使用メール10個以上を使い分けており、
フィッシングメールが届くメールアドレスは
ネット上に出しているアドレス、および何かに登録の際に使っている捨てアドレスがほとんどです。

・・・で、今までは、詐欺メールは無視してすぐに削除していたのですが
最近は怖いもの見たさ?で
リンク先をクリックすることも。

①届いたメール内容です。
1_20190617175347e72.jpg

②クリックしてみると・・・
2_201906171753492fb.jpg

③さらにクリックしてみると・・・
3_201906171753519f1.jpg

すごいですね~!
楽天っぽく巧妙に作られていて、すごいなあ~と思います。

ちなみにでたらめに入力してみたら、
詳細登録ページが現れました。

すごいですね~!

とはいえ、アクセスするときは、場合によっては、開いたと同時に
ウイルスに感染したりと危険なので、それなりの対応策をとってアクセスするか
まあ、しない方が無難ですね

調べてみたら、もっと先まで行かれたこちらのサイトも参考になります。

触らぬ神に祟りなし。


君、悲しいではないか

とある方の紹介記事を読んで
五木寛之さんの著書を、何かの待ち時間の合間合間に読んでいます。



五木寛之さんの著書を読むのは初めてですが
人生といいますか、生き方について、ポジティブというよりは、しっとりと「悲」という視点からとらえた内容です。

だけれど、何だろう。
ほんのり心が癒されます。

現代社会は、ネガティブよりもポジティブがいいとされ、
フェイスブックやインスタなどなど、リア充に飾られた内容が飛び交う中で

明治の頃の青年たちの
「君、悲しいではないか」
という突然の挨拶に
「おお、俺も悲しい」
と返し、さまざまな議論が繰り広げられて、夜を徹して語りあう。
映画コクリコ坂を思わせるような。

五木さんは、その当時は人間の心においては
自由でオープンな時代であったのかもしれないと思う、と綴っています。

そして、「いまの人間たちにとって一番大切なこと、それが”悲”という感情であろう」と。

もっと「悲」について心をオープンに語り合えることが出来たら、
みんながそうしたものを抱えて生きているんだということがオープンになれば
仮面をかぶる必要もなく、いまほど生きにくい、子どもたちが増えてくることもなかったのではないか、と。

なんだか、しっとりと共感です
最近、いつ泣いた?と思えば、五木さんが書かれているように、
悲しみを味わうのを恐れて、違う娯楽へと気分転換している自分がいるように思います。

とはいえ、
「君、悲しいではないか」
にはじまる議論。
実は、行きつけのカフェで、似たように語り合うことはあります。

なので、みんな、いろいろあるんだな、と思える場所がある私は
だいぶ救われているのかもしれません。

ちょこちょこ、また読み進めていきます

プロフィール

seika

Author:seika
職業:現役Webデザイナー

居住地:鹿児島市

デザインからコーディングまでオールマイティに制作しています。

商工会議所のエキスパートバンクにも登録され活動中です!

運営ホームページ

★ホームページ制作サイト

カスタマイズホームページ制作

★Webデザイナーとしてのサイト

カスタマイズホームページ制作

★むかし7年ほど音楽制作してました

鼻歌からのオリジナル音楽制作

★むか~しむかしラジオドラマを作りました

カスタマイズホームページ制作

★お勧めレンタルサーバー

音楽mp3や動画を掲載しないのであれば格安な上、親切です

リンク