千賀かほるさん「真夜中のギター」

車を車検に出して、代車を運転していた昨日。

いつもはお気に入りの歌をCDで聴いているのだけれど
代車はラジオが設定してあったみたいで
千賀かほるさんの真夜中のギターが流れてきました。



昭和の歌は、いい。
人の心に寄り添ったやさしい感じが好き。
最近の歌がやさしくないとかではなく
昭和の歌は、単純明快!わかりやすい。

先月、シンセサイザーで演奏したときに思ったけれど
最近の歌は、編曲も複雑で、歌詞も複雑で、
音色もいろいろなものが複雑に入り混じっていてかっこいい。
かっこよくて、ノリノリ。

だけれど。
なんだろう。
単純明快な曲に癒されたりする。
「上を向いて歩こう」とか。

インスタとかフェイスブックとか、リア充でいっぱいみたいだけれど
きっとみんな「リア充」的なことを書くことで
リア充な気持ちになって、孤独から気持ちを逸らしているんだと思う。

基本、人間は孤独なんだよね。
この歌のように。

コメント

非公開コメント

プロフィール

seika

Author:seika
【職業】現役Webデザイナー・フロントエンドエンジニア
【居住地】鹿児島市

●鹿児島商工会議所のエキスパート派遣講師

運営ホームページ

★ホームページ制作サイト

ホームページ制作 聖夏オフィス

★ホームページお助けサイト

ホームページのお助けさん

★Webデザイナーとしてのサイト

鹿児島webデザイン

★むかし7年ほど音楽制作してました

鼻歌からのオリジナル音楽制作

★むか~しむかしラジオドラマを作りました

カスタマイズホームページ制作

取次代理店

●ロリポップの取次代理店です
●カラーミーショップの取次代理店です

★お勧めレンタルサーバー

音楽mp3や動画を掲載しないのであれば格安な上、親切です

リンク